浜松市長に成人式を問う

浜松市長とランチしながら、団体が持ち込んだテーマについて語り合うという「チャット!やらまいか」に参加しました。

テーマは「2023年1月の成人式をどうするのか?」です

18歳成人が始まるのが2022年4月。その年度の成人式が2023年の1月です。その年度、つまり2022年4月から2023年3月までに18歳〜20歳になる3学年が同時に成人になりますので、3学年同時の成人式が開催されるかもしれないのです。学年でいうと高校3年生、高校卒業1年目、2年目です。

高校3年生の1月といえば、受験真っ最中で、成人式どころではない人も多く、また、3学年同時開催では、会場等の確保に混乱が予想されるということで、この年からの成人式をどの学年で行うのかという問題が生じております。

成人式の開催は、各自治体に任されており、いくつかの自治体は方針を決定しております。方針を決定した自治体は全て、従来通り「20歳での開催」としておりますが、浜松市では、未だ方針が示されておりません。18歳で行うのか20歳で行うのかという議論はどこまで、されているのでしょうか?

そんな疑問を解決すべく、「チャット!やらまいか」に申し込み、市長や担当部署の方のお話を聞いてまいりました。

2023年はまだまだ先のことなので、まだ、議論はこれからというお話しでしたが、成人式の着物を決めたり、美容室を予約したりするのは2年〜3年前からする方が多いという現状を訴え、市長および担当部署の方々に現状の理解を深めていただきました。

浜松市は、中学校単位での成人式ですので、各町の自治会と連携しながら行っているので、自治会との協議によって決定されるようです。今後、議論を重ね、概ね、今年度中には方針を決定したいといったご意見を聞くことができました。

また、浜松市の成人式の出席率は70%後半というデーもご紹介いただきました、これは全国的に見てもトップクラス。ひょっとしてトップじゃないのかナ?という数字です。特に女子の出席率は高く、かつ、振袖率は100%に近いと思われますので、華やかさもトップクラスなのではないでしょうか?

また、中学校単位で行うという形式がとても評判がいいのだというお話も聞けました。ちまたで見かけるような騒いだりするグループもないというのも、この形式ならではなのでしょうか?

と、いうわけで成人式に関しては近々、方針が決まるようですが、呉服業界では、新作の振袖の発表も行われ、浜松呉服専門店会の「秋のきもの博」では新作振袖のコーナーも充実してご披露できる予定です。

振袖をいつ買うか?早く買っても損はありません。下見だけでもOKです。振袖は「秋のきもの博」へGo

令和元年9月21日 静岡新聞朝刊
令和元年9月21日 中日新聞朝刊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です