いざ、フェスへ

浜名湖かんざんじフェスへ参加される江ノ島高校の生徒さんたちに、浴衣の着付けのお手伝いをさせていただきました。担当させていただいたのは、あさい呉服店の女将と、竹内呉服店の若女将です。少し涼しくなった10月下旬の曇り空ではありましたが、高校生たちの情熱は秋の浴衣姿でも、熱気を感じます。たすき掛けのやり方も教わって、いざフェスへ。

One Reply to “いざ、フェスへ”

  1. 今回が江之島高校が、初めて外にでて活動するものでした。普段、商業科は芸術科が何を学んでいるのか知らず、今回、知るということから始まり、外に出るという課題でした。今回、参加して販売の8割~9割が苦労でしたがお客様とのコミュニケーションがとれ、買って頂きそして、ありがとうと言われたことが大変うれしくて、販売の苦労が感じることがなくなり、マーケティングの勉強=経営者の道への苦労と喜びが学べました。この経験ができましたのも浜松呉服専門店会さん、学生ラボ、遠鉄百貨店さんの盛り上げてあげるという気持ちを持った方達のおかげだと感謝しております。
    そして、この手ぬぐいは、昨年度と本年度、遠鉄百貨店さんと芸術科が大河ドラマの直虎が始まるというきっかけで浜松を盛り上げようというコンセプトで学生が企画デザインをしました。
    芸術科は、普段、地場産業を学んでいるので浜松の活性化と自分たちの活動をPRにとのねがいです。
    今回、遠鉄百貨店さんと浜松呉服専門店会をまじえ和の演出を貴重なアドバイスを頂き活動するというよい経験ができたこと大変うれしく感謝しております。
    本当にありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です